面倒な掃除が鍵 Chicago SUTTON PLACE

おっくうに感じる家の掃除もお手軽な作業にできる裏技を試してみた!

カーペットのおそうじなら、何よりそうじ機が効果的です。また、絡まった毛髪など電気掃除機の不得手なごみにはロールタイプシートが適しています、加えてゴム製の手袋が活躍するノウハウも存在します。モップのような用途の掃除機能が付いた室内履きというのが売られるようになってますし、例えば普通のスリッパにストッキング等をかぶせたものを使うことでもほこりが綺麗になります。スリッパを上手く使う事によってこまめにムダのない掃除していきましょう。絨毯のシミ落としですが、重炭酸ソーダあるいは薄力粉を利用するとスッキリできます。そもそも重炭酸ソーダもお掃除のシーンで結構使用されますが、それだけなく小麦粉の方もシミ抜きに関するスペシャリストです。食べ物のヨゴレのしみ抜き用途で有効な素材です。

 

ややこしい部屋のおそうじも快適になるコツを使おう!

木材床というのは日頃から拭いていている場合も、またたく間にチリに悩まされます。そうはいっても、その都度集塵機を使うのが厄介だけど、おそうじシートをいっぱい使うと不経済。こんな時は、室内スリッパに着目してみましょう。新聞紙の類はガラスをふく材料としてよく使われます。その他に、ガラス窓の外側はとても汚れているので、捨てる寸前の衣類で窓ガラスを拭くとすぐに廃棄出来ますし大変便利ではないでしょうか。隅の方に溜まった汚れは、食塩を使えばすっきりすることが出来るでしょう。お掃除スリッパでしたら厄介な拭きそうじはいりませんが、今度はスリッパ自体のゴミ屑取りを忘れない様にしましょう。いつも気持ちよく利用できる様に、普段から埃を取って定期的に洗いましょう。

 

面倒な掃除が快適になる裏ワザがあった!

目には入らなくとも汚れがちな物のひとつが洗濯機でしょう。洗濯機内部に生えたかびが、洗濯したものからする悪臭等の主因と考えられるケースが珍しくありません。よく落ちる清掃のやり方で快適な日常生活にしましょう。古新聞の類はガラス窓をふくアイテムにできます。その他にガラス窓でも外気に触れる所はかなり汚れているものですから、捨てても惜しくない衣類を切って窓を掃除すれば即座に捨てる事ができますし使い勝手が良いでしょう。四隅の汚れに関しては、塩で根こそぎ拭き取る事ができるようです。お掃除用室内履きを使う事で面倒くさい拭きそうじはなくなりますが、一方でスリッパ本体のゴミ屑取りを忘れない様にしましょう。いつもキレイな状態を維持できる様、まめにゴミは除去して一定期間ごとに洗って下さい。